田中直純さんのカップのすすめ

東京は気持ちよく晴れていますが、毎日寒いですね。

温かなものが嬉しい季節です。

田中さんのカップが活躍中です。

小振りのカップなので、片手の手のひらにすっぼり収まります。

ほうじ茶や煎茶など日本茶を入れて飲むと、持ったカップからじんわり温かさが伝わります。

手に馴染むサイズと形、そして手触りがいいんです。

飲むと、カップの縁が口の形と合っていて、とても口触り優しく温かなお茶が広がります。

お酒の好きな方なら、小振りなので、日本酒にも合っています。寒いこの時期、焼酎のお湯割りもいいですね。

温かなものほど、カップの口触りが気になります。

 

オープンアトリエでは、重ねられるか確認している方もいらっしゃいました。

重ねることをおすすめはできませんが、場所によってはそうなることもあるかと思います。

こんな感じで重なります。

ボウルもゆがみがあるので重ねにくいものもありますが、一応重ねられます。

縁が外に少し反っているので、気をつければ重ねて縁が欠けることはなさそうです。

カップにお茶、ボウルにお汁粉なんて楽しみ方もいいですし、

カップにお酒、ボウルにおでんなんて楽しみ方も。

冬、温かなもので積極的に楽しみたいですね。

田中さんの器についてはこちらからもどうぞ。

アイシングクッキーのプレゼント、あと少しあります。(終了しました。)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です