お料理を盛って|曽田伸子さんのガラス皿

暑い毎日が続きますね。

少しでも涼しさを感じるものがうれしい季節です。

今日はガラスの小皿をご紹介します。

曽田伸子さんのガラスの小皿はぽったりとしたガラスの質感と真鍮の泡が

とても涼しげな小皿です。

植物の合わせて撮ると、水の雫のようにも見えますね。

ガラスと真鍮線を一緒に吹いてつくる、真鍮の泡の入ったガラスの小皿は

吹いたその時の瞬間を閉じ込めた、1点1点泡の表情が違う、まさにそれぞれが

1点ものです。

こちらは、ナンプラーでタイ風に味付けしたチャーハンにあわせた香菜に使いました。

大皿をガラスの器にするのもこの季節にいいですが、食卓に小皿でもガラスのものがあると

夏らしいアクセントになりますね。

わらび餅を盛った様子です。

夏らしい和菓子、水ようかんや葛まんじゅうなどを盛っても涼しげです。

ちょっとしたスイーツを盛るのにいいサイズです。

透明な器は、下に敷くもので雰囲気が違ってきます。

ランチョンマットを色々変えて表情を楽しむのもいいですね。

ぜひ夏の食卓に涼しげな小皿を加えてください。

・曽田伸子さん | 真鍮泡小皿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です