青木郁美さんの六角形のプレートのご紹介

六角形のすっきりしたプレートに柔らかなグレーが印象的な青木郁美さんの六角プレートです。

凹凸あるヘリンボーンのような模様に、まずは魅せられました。

この模様は、木の棒に模様を掘って、それを粘土の上に転がしてつけたものです。

機械的ではない、優しい凹凸なのは、そのためなんですね。

凹凸の部分に釉薬がかかっているので、場所によってグレーの濃淡があり、

それがニュアンスある雰囲気を醸し出しています。

グレーの器はお料理も映えますよ。

ピーマンの緑、人参のオレンジ、トマトの赤、どれも鮮やかにみせてくれます。

フラットなプレートなので、パン皿やスイーツに合わせてもいいですね。

お月見だんごを載せたり、シフォンケーキにクリームを添えたり。

お料理を盛った写真はinstagramでもご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

裏には釉薬がかかっていませんが、同じ模様が入っています。

普段見えないところですが、白い模様も素敵です。

青木郁美さんは長野で農作業をされながら、作陶されている作家さんです。

変化ある形と色は、変化ある自然の向き合っている青木さんならではかもしれません。

素材は陶器と磁器の間の半磁器。

とても軽く扱いやすいと思います。

六角面取鉢と合わせると、プレートがまるで影にようになって食卓の楽しいアクセントに

なりそうです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です