Vizcaya 台形バッグ

10月5日発売のバッグのご紹介です。

vizcaya 台形バッグ

A4ファイルが入る、Vizcayaと名付けられた台形バッグのご紹介です。

裾が少し広がって台形になっているバッグは、構造物を思わせる形です。

Vizcayaは、バスクにある橋の名前からとっています。

ぺたんこのフラットなバッグに、ところどころにある手縫いのステッチがポイント。

持ち手部分も、手縫いのステッチでしっかりと作っています。

丸みを帯びた持ち手が、手に優しく持ちやすい形になっています。

中にはポケットが一つあります。

写真はiphone6を入れたときのサイズ感です。

サイズはA4ファイルが入るので便利ですね。

小さなポシェットを持ちたいけど、仕事での書類や、学校からのプリントを入れなきゃ

いけない時にいいですよね。

キャメルと白の2色をご用意しています。

白はモダンですっきりとした印象になりますね。

(持ち手が5cm長いオーダーのものです。)

キャメルはナチュラルな雰囲気でしょうか。

素材は豚革をタンニンで鞣したものを使っています。

タンニン鞣しとは、植物の樹皮から抽出されたタンニン剤で時間を掛けて鞣す

昔ながらの手法です。

マットで優しい風合いの革ですが、使っていくうちと艶が出て色に深みが出てきます。

その変化がタンニンで鞣した天然の革のよさですね。

必要以上のコーティングを施さないナチュラルな加工なので、キズやシミ、雨に弱い

性質があります。特性を知って革のよさを楽しんでいただけると嬉しいです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です