旅の記憶

7月が近づき、夏の旅行を計画中の方も多いのではないでしょうか。

いつもと違う風景を見て、その土地のものを食べて、人に出会って。

旅はいつだってワクワクさせてくれます。

旅の写真を整理していたら、また旅に行きたくなりました。

写真はモロッコ。行った中で一番異国を感じた場所だったかもしれません。

強い太陽、赤土、ファブリック。細い路地をたくさん歩いた記憶があります。

こんな土地にいたら、ショップ名はalmost redだったかもしれません。

ファティマの手についたタッセルも赤でした。

トマトを籠に入れていたり、ロバで荷物を運んでいたり。日本では見られない光景ですね。

写真は12年ほど前のものですが、今はすっかり変わってしまったでしょうか。

暑くて暑くて、ミントティばかりを飲んでいました。

グラスにたっぷりのミントを入れ、熱いお茶をそそいで。砂糖たっぷりでいただきます。

とても美味しくて、日本に戻ってからも試しましたが、日本の気候には強すぎるように感じました。

その気候に合った飲み物なんですね。

革を鞣している場所の記憶も強烈です。

動物の皮を使わせていただいているんだなと、強く感じられます。

旅の写真を見ているだけで、その時に記憶をよみがえらせてくれます。

今年は国内旅行を計画中。

日本にも知らない場所がたくさんありますね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です