お茶の時間におすすめの急須

お茶の時間を注ぐ時間を楽しくしてくれる、表情ある急須をご紹介したいと思います。

急須だと和風すぎて、他の器の雰囲気に合わないという方におすすめの急須です。

ハンドルの形や蓋の穴の位置、そして丸いフォルムがティーポットのような形をしていて、

日本茶だけでなく中国茶や紅茶にも似合う急須となっています。

 

ゴブレットと合わせて、紅茶を楽しんでいただけます。

丸いコロンとした雰囲気と、蓋の持ち手の丸のバランスもいいですね。

 

上から持ても丸いフォルムが楽しめます。

 

中はささめと言う茶漉しがついています。

茶葉にお湯を注いでゆっくり待つ、そしてゆっくり湯呑に注ぐ、そんな時間が愛おしくなる急須です。

 

この急須は焼締という釉薬を使っていない器です。

ガス窯で焼いた後に薪で焼いています。

この炎の中に急須があります。

※橋爪香代(チャカブ木)さんのinstagramより

 

火の中で焼かれた急須は、複雑な表情を見せてくれます。

そして、焼締の急須はお茶のえぐ味を吸収し、まろやかにしてくれます。

 

作家の橋爪香代さんは、九州の福岡県八女市で作陶されています。

良質なお茶として古くから有名な八女茶の産地で、お茶にまつわる器を中心に制作されています。

チャカブ木という名前で活動されているところからも、お茶というフィールドで活動していこうという気持ちが、そしてお茶が身近な様子が伝わりますね。

橋爪さんの轆轤で制作されたお茶の器は、繊細さと力強さを併せ持った魅力があります。

 

豊かなお茶の時間を、お過ごしください。

 

almost white

作家ものの器と革アイテム

web shop

instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です