革のボックス制作中

革のボックスの名入れを、今まで手書きで承っていました。

来週から名入れを、手書きからレーザー刻印へと変更することになりましたのでおしらせします。

 

手書きの優しい雰囲気も好きなのですが、レーザーで刻印することで、文字のフォントやデザインの幅が広がりオリジナルデザインも承ることができるようになるので楽しみです。

今はサンプルを制作しています。

刻印するデザインで雰囲気が変わるので、選んでいただきやすいようにあれこれ考えています。

形は今までと変わらず、六角形とカードの入る長方形。

六角形ボックスはアクセサリー入れや、赤ちゃんのへその緒入れにいかがでしょうか。

カードボックスはカードや小さな裁縫セット、チェキ写真を入れて思い出ボックスにオススメです。

 

ボックスは、全ての工程を手作業で行っています。

今日はその様子をご紹介したいと思います。

まずは革をカットして

ステッチを入れる場所にラインを入れ

ステッチのための穴を開けます。

そして縫い合わせていきます。

フラットな革が、少しづつ立体になっていくところが工程で好きなところ。

厚い一枚革の良さが味わえると思います。

 

それまでは手書きの名入れを今まで通り承りますので、手書きがお好みの方は是非この機会にご検討ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です