里見しのぶさんの伸びやかな器

伸びやかな曲線、素地がうっすらみえる白、ろくろ跡。

繊細さとおおらかさを併せ持った里見しのぶさん(Pottery studio Boo)の器のご紹介です。

里見さんの白は少し青みがかった落ち着いた白ですが、釉薬の濃淡やロクロ跡、貫入など表情豊かで温かさを感じさせます。

この5寸高台は、高台が高いのでお料理を盛るだけで特別なものにしてくれます。程いい厚みがあるので、気取りなく扱いやすい器です。

深さも少しあるので、とても使いやすいです。

左は3寸皿、奥は豆皿です。

3寸皿は高さがなく、シンプルな形なので使いやすいと思います。

豆皿は高さがあってコロンとした形が魅力的。高過ぎないので安定感もあります。

左が豆皿、奥が5寸高台

 

里見しのぶさんは、湘南で作陶されている作家さんです。

海風が感じられる場所で、子育てをしながら作られている里見さんの器は気取らず伸びやかな力強さがあります。お料理上手で自分が使いたい器を作っている、というまっすぐな気持ちが感じられる器です。

 

里見しのぶさんの器の品質・取扱いについて

ピンホール・黒点
釉薬の濃淡
裏にshiのサイン

 

 

 

 

 

 

 

材質や工程、手仕事という事で、器の釉薬のかかり具合や濃淡、サイズや厚みなど雰囲気がひとつひとつ異なります。また焼く際、釉薬の金属の成分が小さな褐色の点として出たり、ピンポールと言われる小さなくぼみが出たりしますが、これも焼き物の味わいのひとつです。また、使っていくと釉薬に細かいヒビがでてきます。これは貫入といって焼いた際の温度差でできるのですが、陶器らしい味わいある変化です。どちらも使用上問題ありませんので、手づくりの風合いと楽しんで頂ければと思います。

電子レンジ可、オーブン不可。食洗機が可能ではありますが、食器がぶつかり合う危険もある為、おすすめしません。日々使っていく中で貫入に茶渋が入るなどの色の変化は、器を育てていると楽しんで頂ければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です